通販のアジーと病院のジスロマックは何が違うの?

\90秒で注文完了/アジーの購入はこちら
違いについて悩む人クラミジアに感染してしまった場合、そのまま放置していても症状は改善されませんので治療薬を使用する必要があります。

治療薬は病院と通販のどちらでも手に入れることができますが、病院の場合にはジスロマック、通販の場合にはアジーと治療薬が異なります

 

クラミジアに感染した場合にはジスロマックとアジーどちらを使うべきなのか?

ここでは、ジスロマックとアジーの違いをまとめています。

 

アジーとジスロマックの有効成分

有効成分はどちらもアジスロマイシン

クラミジア治療に有効なジスロマックとアジー。実はこの2つは新薬とジェネリック医薬品の関係です。つまり、両者ともに配合されている有効成分は同じです。

使用されている有効成分は「アジスロマイシン」というもので、細菌に対して強い抗菌・抗炎症作用を発揮します。

適応症も同じで、クラミジアや淋病などの性感染症、中耳炎、気管支炎などに有効です。

 

違いは有効成分の含有量

アジーとジスロマックはどちらもアジスロマイシンが使用されている点は同じです。

ただ、有効成分の含有量が異なります。

病院で処方されるジスロマックの場合にはアジスロマイシン250mgしか存在しません。

一方、通販で購入できるアジーの場合にはアジスロマイシン250mg、500mg、1000mgの3種類あります。

 

アジーとジスロマックの使い方

ジェネリックのイメージ服用方法は症状によって変わってきますが、アジーとジスロマックの使い方は同じです。

 

クラミジアや淋病治療に使用する場合には、1回1000mgを服用します。1回服用するだけで1週間効果が持続しますので何度も服用する必要はありません。

また、それ以外の症状には1日1回500mgを3日間連続で服用します。

 

アジーの場合には錠剤が3種類あるので、服用する錠剤数を自分で調整しなければなりません

 

アジーとジスロマックの製薬会社

新薬のジスロマックとジェネリック医薬品のアジー。中身はほぼ同じ薬ですが、製造している会社が違います。

 

ジスロマックの製薬会社

ジスロマックを製造販売しているのは、ファイザー(Pfizer Inc.)という会社です。

ファイザーは世界最大規模の製薬会社で、現在に至るまで多くの医薬品を開発してきました。ファイザー社の医薬品といえば、世界初のED治療薬バイアグラ、禁煙補助剤のチャンピックス、そして感染症治療薬のジスロマックが挙げられます。どの医薬品も高い安全性と効能で多くの方に支持されています。

 

アジーの製薬会社

アジーを製造販売しているのは、シプラ(Cipla Limited)という会社です。

シプラはインドに本社を構え、インド国内では最大規模の製薬会社として名を馳せています。HIVワクチンの製造が盛んですが、ジェネリック医薬品の製造にも力を入れており、AGA治療薬、ED治療薬、経口避妊薬、抗うつ剤など多くのジェネリック医薬品を展開しています。また、シプラ社はアメリカ食品医薬品局の認可を受けているので、品質や安全性は非常に高いです。

 

アジーとジスロマックの価格

クラミジアの疑いがある場合、病院で治療を受けることもできますし通販で自宅治療することもできます。どちらを選択してもよいですが、病院と通販で治療費は大きく変わります。

 

病院のジスロマックで治療する場合

クラミジア治療は健康保険が使用できますので3割負担での治療が可能です。ですが、多くの方は保険証を使用したがりませんので、窓口で10割負担の金額を支払います。

自費診療の場合には、薬代の他にも診察料や検査料が加算されてトータル10,000~20,000円ほどかかります。

 

通販のアジーで治療する場合

通販で購入可能なアジーはジスロマックのジェネリック医薬品になります。そのため、価格が安く、診察料や検査料も不要なので治療費を抑えられます。

病院のように1錠~の購入はできませんが、1箱5~6錠入り(アジーの種類で違う)で2,000~4,000円ほどです。送料が発生する場合でも1,000円前後なので通販で購入するほうがお得です。

また、検査に関しては通販サイトで性病の検査キットが3,000円ほどで販売されています。

治療薬と検査キットを合わせても7,000円ほどに抑えられます。

 

どちらか選ぶなら通販のアジーがおすすめ

アジーの画像ジスロマックとアジーはどちらも同じクラミジア治療に有効です。なので、どちらを使用しても結果は変わりませんが、トータルで考えると通販のアジーがおすすめです。

 

というのも、アジーであればクラミジアの検査~完治まですべて自宅で行なえますし、価格が非常に安いです。

また、有名な製薬会社が製造している医薬品なので品質も問題ありません。

 

唯一デメリットといえば「すぐには届かない」ことですが、それを除けば通販のアジーは最強だと思います。

また、これまで保険治療を受けている方であっても、症状が出ていない状態で予備を処方してもらう場合には全額自己負担となります。

ただ、通販であれば予備用であっても同価格で購入しておけますので、何度か再発している場合には通販で予備用を購入しておくのがお得です。

予備があれば早い段階で服用できるので、症状の悪化を防げます。

アジーの購入はこちら

コメント